カテゴリー「家族」の27件の記事

2008年3月14日 (金)

結婚(婚活)の理由 私の場合

ここにも時々コメントしていただいてるディスカヴァー21の干場社長が、ブログで結婚の理由を募集中のようなので、記事にしてみます。

もともと結婚には否定的だった私(1972生まれ)。高校時代の女子だけ集められた保健の授業で「結婚したいかしたくないか」のテーマになり、私だけが結婚したくないと主張したため、40名の女子たちに小1時間問い詰められ、説得された経験の持ち主です。(苦笑)

そんな私がなぜ結婚したか?・・・気の迷いですね。いやいや、ほんとう。

続きを読む "結婚(婚活)の理由 私の場合"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

和田清華 ママは働いたらもっとスゴイぞ!-これから働きたいママへの応援本

ママへの復職に関する本はこれまでほとんど読んでこなかった私。今とっても話題の勝間さんが代表をしているムギ畑のムギ畑 4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOKくらいです。自分がなんとなく流れで再就職してしまったのと、その頃はあまり本を読む習慣がなかったのが原因だと思うのですが、最近ここにも復職を考えているママがきてくださっているようですし、復職支援をするときにもオススメできる本がないかと思い、何冊か買ってみました。その1冊です。

この本、とてもよく出来ています。

続きを読む "和田清華 ママは働いたらもっとスゴイぞ!-これから働きたいママへの応援本"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 2日 (日)

「婚活」時代-最高にうなづけます!

最高に納得!です!あまりの面白さにいますぐこの気持ちをupしたくなって、読みかけなのにブログ書いてます。私がなぜそんなに面白いと思えているかを3つあげると、

  • 自分が(たぶん)「婚活」をした後、結婚したから
  • まわりに結婚したいと言いながら「婚活」をしない人が多く、そういう人たちへの分析が的確だから
  • 「婚活」と「就活」は似ているとの指摘があり、就活支援をしている私には「就活」に置き換えて読んで、また納得できるから

というところになります。

もっともっと書きたいことがあるのですが、それはまた全部読んだところで。ひとまず、あまりに面白いというご報告まで。(ちなみに、昨日発売なのですが、私のところは当日には届かないので、さっき手に入れたところでした)

なお、内容については、出版社ディスカヴァー21の社長ブログのこの記事この記事で垣間見えます。

関連記事
山田正弘・白河桃子 「婚活」時代-男性にも勧めたい!
「婚活」時代&ディスカヴァー21のこと

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

前の記事で共働き育児の不安を述べたところで・・・

前記事で共働き育児の不安を述べましたが、2歳半の娘は今のところいたって元気に素直に、わがままに、大胆に育っています。coldsweats01

続きを読む "前の記事で共働き育児の不安を述べたところで・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

働く転勤妻 part.3-子なし職なし転勤妻時代

転勤妻になり、九州のとある地域の中核都市に。(「とある地域の」を追記しました)首都圏以外に住むのも初めてでした。

すぐに働こうかと思ったのですが、慣れない土地で慣れない生活。ここは方言もきついところで言葉の壁もありました。雇用保険がもらえることもあり、まずは急がずゆっくり仕事を探すことに。こうして学生を卒業してから初めての無職の生活がやってきました。

今までずっといろいろな人と話をすることを仕事にしていただけに、誰とも話さない生活は苦痛でした。1日に1回スーパーで挨拶するだけ・・・。旦那ちゃまは会社に12時間はいるので、待ち続けて疲れてしまって。家事も得意ではないし、ほんとーにぼーっとして家事も進まずに一日が終わるという感じでした。このブログにも「転勤 妻 うつ」といったキーワードでこられる方が多いのですが、まさにそういう状況でした。

続きを読む "働く転勤妻 part.3-子なし職なし転勤妻時代"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

働く転勤妻 part.2-東京時代のaquanの子ども観

そんなこんなで、転勤妻になったのですが、ここで転勤妻になる前(つまり東京にいたとき)の子どもへの思いを書いておこうと思います。

東京で最後に勤めていた人材紹介会社はとても女性の活躍している会社でした。

最初の上司は2人の子持ちの女性。それまで生保・IT業界と男性ばかりが周りにいた私の社会人生活ではとても新鮮なものでした。他にも何人か子持ちの管理職の女性がいました。けれども、私にとって子どもはとても遠い存在。都会でのバリバリキャリア生活の中では、子どもと触れ合うどころか、見かけることもありません。高校生時代から「私は自分のやりたいことをしたいから、子どもがかわいそう。だから子どもはいらない」と公言してはばからなかった私。働くママたちの大変さを目の前で見ていて、自分には育児と仕事の両立なんて絶対にできないと思っていました。

続きを読む "働く転勤妻 part.2-東京時代のaquanの子ども観"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

働く転勤妻 part.0-シリーズの始めに

働いていない子持ちの方やまだ結婚していないワーキングウーマンの方から、「このブログを読んで勝間さんの本を読んでみました」といううれしいお知らせをいくつか頂きました。

その感想で、「子供を持ちつつ働くなんて私にもできるだろうか。」というものが多かったので、子供を持ちつつ女性が働くということについて、私の体験を中心にちょっと書いてみたいと思いました。

続きを読む "働く転勤妻 part.0-シリーズの始めに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

転勤の季節

4月異動の方々は、そろそろ転勤が気になる季節のようですね。

私の旦那ちゃまのところは7月異動なので私もあと半年かと、首を洗って待っているところです。(笑)

軽々と転勤したいですよね。でも、そんな風にはなかなかいかないのも事実。

続きを読む "転勤の季節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

家族で過ごすクリスマス

3連休の最終日クリスマスイブですね。

娘はイルミネーションが大好き。せっかくの3連休なので、長崎とかどこかイルミネーションのきれいなところに泊まりに行こうかといろいろ考えたのですが、疲れてしまったのでうちでだらだら家族のクリスマスです。

続きを読む "家族で過ごすクリスマス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

地方転勤のデメリット 1.閉鎖性が高くてなじみにくい

「不便」な土地に転勤して・・・のとおり、県庁所在地でもない人口10万人くらいの九州の中核都市でのお話です。

私の住んでいるところは地理的な条件もあいまって、人の流入、流出が少なく、当然みんな「知っている人」で成り立っています。だから、「知らない人」にはとても冷たいです。
また、「どこでも車ですいすい」も悪影響を及ぼしています。公共交通機関を使ったり、歩いたりという事がないために、転勤妻でやってくるとそもそも人と会わない→交流できない、ということになるのです。

今でこそここが大好き!というaquanですが、やってきた当初はとても大変でした。

続きを読む "地方転勤のデメリット 1.閉鎖性が高くてなじみにくい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)