カテゴリー「育児」の18件の記事

2008年4月18日 (金)

ちいさなあなたへ アリスン・マギー-娘を見守る本当の気持ち

先週末に行ったショッピングセンターの大型書店にて。保育施設から戻ってきた娘と手をつないで絵本コーナーまで来ると、娘は手を離して本を選び、ひとりで小さいいすに座りました。プリキュアの絵本を開きつつアニメーションが流れているテレビを見ています。

絵本コーナーから離れるわけにもいかず、少し離れたところで娘を見守りつつ所在無く立ち尽くしていた私の脇に、「全米が号泣」みたいな帯がついているこの本が平積みになっていたのでなんとなく手に取りました。

↓洋書版へのリンクですのでお間違いなく

続きを読む "ちいさなあなたへ アリスン・マギー-娘を見守る本当の気持ち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

古川裕倫 我慢するな!部下は堂々と叱れ!-育成論

こちらにも時々来ていただくふみさんのブログで紹介されていた「我慢するな!部下は堂々と叱れ!」を読みました。

組織についての本というより、「男の子育て論」メインの本だと私は思いました。そう考えればまったくもって面白いし、昭和一桁に限りなく近い父親に育てられて考え方が古いaquanには、共感できるところ満載でした。

要は、育児でも職場でも、「怒る」のではなくて、「叱り」なさい。そして教えるべきことは教えるべき。放任してても育たない。ということが書かれていました。コミュニケーションと育成について、熱く思い入れたっぷりに濃く語っています。オヤジがすべきこととしてのリーダーシップ論が語られているわけですが、ふみさんがおっしゃるとおり、ワーキングマザーにも学ぶべきところが多い本です。

続きを読む "古川裕倫 我慢するな!部下は堂々と叱れ!-育成論"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 5日 (水)

和田清華 ママは働いたらもっとスゴイぞ!-これから働きたいママへの応援本

ママへの復職に関する本はこれまでほとんど読んでこなかった私。今とっても話題の勝間さんが代表をしているムギ畑のムギ畑 4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOKくらいです。自分がなんとなく流れで再就職してしまったのと、その頃はあまり本を読む習慣がなかったのが原因だと思うのですが、最近ここにも復職を考えているママがきてくださっているようですし、復職支援をするときにもオススメできる本がないかと思い、何冊か買ってみました。その1冊です。

この本、とてもよく出来ています。

続きを読む "和田清華 ママは働いたらもっとスゴイぞ!-これから働きたいママへの応援本"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 3日 (月)

坂東眞理子さん 続き

昨日「坂東眞理子 娘」で検索されて来られていた方がいて、なんとなく私もぐぐってみたら、私の記事「坂東眞理子さん@金スマ」がトップにあがっていて、びっくり。

ということはともかく、その検索結果を見ていたら、「坂東眞理子さん。≪春花の風≫」で情熱大陸での坂東眞理子さんとその次女の方のインタビューの話が載っていました。

そんな坂東眞理子さんも、娘にとっていい母親だったという自信はない。という。

弱い人間と言うのは何を犠牲にするかっていうと、一番身近な、一番、自分にとって大切な人たち(=家族)を犠牲にしているわけ。

(お嬢さんたちにもやっぱりつらい思いをさせたり?)

したよね。

お嬢さんが

本当に仕事の方が大切なんだなって思ってました。私の事もあまり関心がないのかなと思っていた時期もあったし、私も辛かったし、関係がギクシャクしていた時もあったし

その時は気づかなかったけど 今はそういうのがわかって私 幸せだったんだなと実感しました

聞けて良かったと思います

そっかぁ、やっぱり「育児で何をしたらいいか」という判断はとても難しいですよね。。。

続きを読む "坂東眞理子さん 続き"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

気持ちも説明する-志望動機の伝え方

以前からよく読んでいるEQJapanの高山社長のブログに気持ちも説明するというエントリがあがっていました。

「仕事の説明、方針、戦略の説明だけでなく、あなたの気持ちも説明してください!人は情と理で動くのです!」

大事なことですよね。コーチングやマネジメントでもとても重要です。

が、私は特に、これを就職活動の中で実践していただくようにオススメしています。

続きを読む "気持ちも説明する-志望動機の伝え方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

働く転勤妻 part.2-東京時代のaquanの子ども観

そんなこんなで、転勤妻になったのですが、ここで転勤妻になる前(つまり東京にいたとき)の子どもへの思いを書いておこうと思います。

東京で最後に勤めていた人材紹介会社はとても女性の活躍している会社でした。

最初の上司は2人の子持ちの女性。それまで生保・IT業界と男性ばかりが周りにいた私の社会人生活ではとても新鮮なものでした。他にも何人か子持ちの管理職の女性がいました。けれども、私にとって子どもはとても遠い存在。都会でのバリバリキャリア生活の中では、子どもと触れ合うどころか、見かけることもありません。高校生時代から「私は自分のやりたいことをしたいから、子どもがかわいそう。だから子どもはいらない」と公言してはばからなかった私。働くママたちの大変さを目の前で見ていて、自分には育児と仕事の両立なんて絶対にできないと思っていました。

続きを読む "働く転勤妻 part.2-東京時代のaquanの子ども観"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

ダイソー実用ハンドブック18 子育て両立情報

2週間ほど前、ダイソーでちょっと見かけた100円のハンドブック「子育て両立情報」。100円だからと軽い気持ちで買ってみました。

そしたら、意外といい!下手な女性誌の子育て両立特集なんかよりまとまってて概観するにはとてもよいです。

妊娠中の仕事のこなし方からワーキングマザーの生活の秘訣、保育園のことまでさらっと主要なことが書いてあります。100円でも馬鹿にできないですね。

続きを読む "ダイソー実用ハンドブック18 子育て両立情報"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月21日 (木)

働く転勤妻 part.1-転勤妻になるまで

自分がまさか、転勤妻になるとは思ってもみませんでした。

もともとキャリア志向のaquan。元々システムエンジニアだった私は、社会人になって6年目に人材業界に転職しました。いくつもの会社に不採用通知をいただいた末、結局ありがたい巡り会わせですごく行きたいと思っていた会社に勤めていました。キャリアアドバイザーとして人の転職のお手伝いをして、成績もよく、「これが天職!」と思っていました。その会社は1日14時間労働するのが当たり前というような全員裁量労働制の会社で楽しくばりばり働いていました。当然、この会社でずっと頑張っていこうと思っていました。

続きを読む "働く転勤妻 part.1-転勤妻になるまで"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

働く転勤妻 part.0-シリーズの始めに

働いていない子持ちの方やまだ結婚していないワーキングウーマンの方から、「このブログを読んで勝間さんの本を読んでみました」といううれしいお知らせをいくつか頂きました。

その感想で、「子供を持ちつつ働くなんて私にもできるだろうか。」というものが多かったので、子供を持ちつつ女性が働くということについて、私の体験を中心にちょっと書いてみたいと思いました。

続きを読む "働く転勤妻 part.0-シリーズの始めに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

動物園と水族館

3連休。疲れをとるために過ごす予定でしたが、ちょっと出かけようということになり、自宅から2時間以上かけてかごしま水族館に行ってみました。(ここがうちから一番近い水族館です)

ラッコ。

_igp3028_2

イルカ。

_igp3171_2

実はaquanの一番の趣味は野生のイルカと泳ぐこと。東京にいるときは年に3回は御蔵島に行ってイルカと泳いでました。でもここに引っ越してからはなかなか遠くて行くことができません。野生のイルカに比べ、水族館のイルカは狭いところに入れられて、私のポリシーには反しているため、これまで水族館に行ってもイルカの展示は見たことがなかったのですが、娘にイルカを知ってもらうために心が痛みつつ見学しました。

続きを読む "動物園と水族館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)