« 本田直之 レバレッジ・オーガナイザー-すぐ変われる!自己管理手帳 | トップページ | 前の職場に行ってきました »

2008年4月 7日 (月)

盛りだくさんの東京遠征

楽しく疲れておりますaquanです。

土曜の朝5時過ぎから娘と荷物を抱えて空港バスに乗り、飛行機に乗り、来ました、東京。

まずは両親と合流して娘と4人で家庭サービス(誰がサービスされているのかは不明ww)。ラッキーなことに思いつきで向かった浜離宮から浅草まで花見船(三味線の生演奏付)にまったく待たずに乗れました。その上意外と散ってなくて、かなりツイてる!

と思いきや、船に乗りたがっていた娘は急にお昼寝に入ってしまい、桜も船旅も楽しんだのは大人ばかり。とほほ。

船の上で両親と娘とは解散。勉強会に向かうため途中の浅草で、寝ぼけ眼で「ママいい~」を繰り返している娘に「お仕事だからね~」と説得して、私だけ下船しました。(その後娘は花見を楽しめたそう。よかったね)

浅草では散りかけた桜を眺めながら、勉強会に向かいました。GCDFの同窓生による勉強会は思ったよりも面白くでき、またその後の飲み会には倍の人数の参加があり、とてもとても満喫しました。

この同窓生のお仲間、ほとんどが私にとっては尊敬すべき人生の先輩。私は娘のように?かわいがっていただいている気がしています。皆さんに甘えて自分のことばかり話してしまっているような・・・ああ、でも、もっとあんな話も聞きたかった、こんな話も聞きたかったとうちに帰りながらメモメモ。皆さんそれぞれ違う分野ですが、とってもご活躍です。素晴らしい。

途中、「aquanちゃんにカウンセリングが必要」と言われました。そもそもキャリアカウンセラーにはスーパーバイズが必要なのに、キャリアカウンセラーでスーパーバイズがきちんとされている人はあまり多くなく、私もスーパーバイズされていない一人なので当然の結果と言えば当然の結果。(注:もちろんカウンセリングとスーパーバイズは違うものですが、ここでその方が意図されたのは私が業務について相談する人がいるべきという意味でおっしゃったのでした)まあ、いうほど悩んでいるわけではないので、ご心配には及ばないのですが、スーパーバイズを受ける必要性は感じてます。

ということで、その翌日である今日(日曜)は今回の上京のメインイベントだった、日本産業カウンセリング学会のスーパーバイザー制度についての研修会に出てきました。

「働く人たちのためのカウンセラー」の資質向上を目的として、スーパーバイザーの養成を産業カウンセリング学会がされていくそうで、午前中のお話は、スーパーバイザー養成講座の申請資格要件だったり、目指すべきスーパーバイザー像だったりという、私にはまだまだちょっと遠い話が多かったです。でも、それはもちろんカウンセラーとして問われる姿勢でもあるわけで、初心に帰ってどうあるべきかということを考え直す良い機会でした。

また、午後はアサーションで有名な平木典子先生のお話で、「スーパーバイズの受け方」というタイトルでした。平木先生のわかりやすい、実例をあげながらのお話でスーパーバイズがとてもイメージしやすくなり、やっぱりスーパーバイズを受けたいなあと思いました。

他にもいろいろと新しい出会いがあったり、産業カウンセラー協会のシニアコースでお世話になった先生ともお会いすることができたりと大変有意義でした。。

と、ここで終わらずに、夜は以前の会社の同僚(女子)と2人でサムゲタン。彼女、いつもとっても頑張っていて、聞いているこちらもすごく刺激になるんです。4月から大きく環境を変えて勉強するとの事です。新しい船出を祝しての晩餐でした。お互い刺激しあえるよう、こちらも頑張ります。

以上のように、短期間をめいっぱい楽しんでおります。明日東京を離れるのですが、その前に以前の職場にちょこっと顔を出す予定です。一番の上司とは時間が合わず会えそうにないのですが、それでも尊敬できる人たちとなんとか会えそうなので楽しみにしております。

|

« 本田直之 レバレッジ・オーガナイザー-すぐ変われる!自己管理手帳 | トップページ | 前の職場に行ってきました »

1. キャリアカウンセラー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/40779189

この記事へのトラックバック一覧です: 盛りだくさんの東京遠征:

« 本田直之 レバレッジ・オーガナイザー-すぐ変われる!自己管理手帳 | トップページ | 前の職場に行ってきました »