« 和田清華 ママは働いたらもっとスゴイぞ!-これから働きたいママへの応援本 | トップページ | 記事が100本を越えてました! »

2008年3月 6日 (木)

古川裕倫 我慢するな!部下は堂々と叱れ!-育成論

こちらにも時々来ていただくふみさんのブログで紹介されていた「我慢するな!部下は堂々と叱れ!」を読みました。

組織についての本というより、「男の子育て論」メインの本だと私は思いました。そう考えればまったくもって面白いし、昭和一桁に限りなく近い父親に育てられて考え方が古いaquanには、共感できるところ満載でした。

要は、育児でも職場でも、「怒る」のではなくて、「叱り」なさい。そして教えるべきことは教えるべき。放任してても育たない。ということが書かれていました。コミュニケーションと育成について、熱く思い入れたっぷりに濃く語っています。オヤジがすべきこととしてのリーダーシップ論が語られているわけですが、ふみさんがおっしゃるとおり、ワーキングマザーにも学ぶべきところが多い本です。

私もこの本を読む前から「叱っている」母親なんですが(よその子でも)、叱っていて思うのは、私は行き過ぎていないだろうかということ。つまり、「いい叱り方」が出来ているかがわからないという点です。この本の中ではよい叱り方が書いてありますが、とかくうまく行ってない人はそのようにやっているつもりでも、客観的にみたらうまく行ってないということが多分に発生します。その一番悪い例が「子どもに逃げ道がなくなってしまうこと」。とかく正論を振りかざしすぎる私が陥りやすいパターンではと思い、「子ども 逃げ道」でぐぐってみたところこんなサイトに出会いました。

「叱る」と「怒る」

学校の先生が書かれているサイトのようですが、なるほどと思ったので自戒の意味を込めてご紹介しました。「叱る」のもバランスですよね・・・。

この本を読んでいて、私が思い出した「叱る」に関するエピソードを2つ。

私自身は厳しくは育てられたのですが、生来ナイーブで打たれ弱いため叱られるのが嫌いで、親や先生の先回りをしていい子にするようなタイプでした。おかげで学校でも優等生扱い。先生たちからも評判がよかったかわり、打たれ慣れておらず打たれ弱かったと思います。そのせいか、関東大会に出るくらいには強い、厳しい体育系の部活でも「打たれ弱い」のが見え隠れしていたのか、周りはバンバン殴られているのにキャプテンだった私だけが殴られませんでした。結果、私はなんとなく「期待されていない」ような気持ちになってキャプテンだったのに辞めてしまったんです。そのとき、先生はどんな気持ちで私に接していたかわかりませんが、引き止められもせず、あぁ私はいらないんだなと思ったのをよく覚えています。

このことは「はじめての課長の教科書」に「上司の沈黙は、部下への期待度の低さを伝えてしまう」と書かれている通りだと思います。(「我慢するな!部下は堂々と叱れ!」でも「語りかけるのは上司と親の責任」と書かれています。)

もう一つは、私をしごいてくださった先輩社員のこと。最初の会社でシステムの仕事をしていた3年目、13上の先輩社員と組んで仕事をしたのですが、その先輩社員は後輩泣かせで有名な人でした。13も社歴も年齢も上なのに、その先輩が最初に言ったことは「お前と俺はプロジェクトに入ったのは一緒だから、同期だ。同期なんだから俺と同じだけ仕事しろよ。」いやぁ、最初っから無茶な注文です。それ以来ずいぶん仕事で厳しく言われて悔しいやら悲しいやら、オンナだから泣くのだと思われたくなくてトイレで泣いたことも何回も。まぁその先輩には男性社員も数多く泣いてたそうですが。それでもなんとか頑張ってたのは、やはりそこに仕事へのプロ意識と私への愛情(変な意味ではありません)を感じていたからだと思います。また、その上の上司も素敵な方で、週に3回は3人で終電までご飯食べに行ってました。もう10年以上前のことで何があんなに大変だったのか詳細を思い出すことはできませんが、それでもいま思い出すとあの頃は幸せだったと思うのでした。ありがたいことです。

ただ、今、会社でこんなやり方が通用するでしょうか?叱って、その後飲んでフォローするはこの本の中でも出てくるのですが、ひょっとすると甘やかされて育ってきた今の若手には通用しない気もします。ノスタルジーでないことを願いつつ。
一から育てる育児の中でなら、「叱った後抱きしめる」は十分に通用する手法だと思って、自分も使っているんですが。
「飲む」こと以外で《抱きしめる》ことが必要かもしれません。

|

« 和田清華 ママは働いたらもっとスゴイぞ!-これから働きたいママへの応援本 | トップページ | 記事が100本を越えてました! »

7. 読んだ本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/40392891

この記事へのトラックバック一覧です: 古川裕倫 我慢するな!部下は堂々と叱れ!-育成論:

» 「我慢するな!部下は堂々と叱れ!」古川 裕倫、グラフ社 [一日一冊:今日の名著]
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■「親の心、子知らず」といいますが、  「上... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 06時59分

« 和田清華 ママは働いたらもっとスゴイぞ!-これから働きたいママへの応援本 | トップページ | 記事が100本を越えてました! »