« 花粉症対策でべにふうきなどなど | トップページ | 勉強するために上京 »

2008年3月18日 (火)

働く転勤妻 part.5-子なし地方転勤妻の就職活動その2

というわけで(前回までの記事はこちら)、やっと面接までこぎつけた転勤妻aquanでしたが、面接で今までに問われたことのない質問が。。。

  • 「いつまでここにいられるんですか?」
  • 「お子さんのご予定は?」
  • 家庭と両立して、遠距離通勤は大丈夫ですか?

むむー。雇う側からすればそりゃそうなんですが、こちらとしては答えにくい質問です。しかし、そこでめげている場合ではありません。

aquanのした回答はこちら。

  • 「いつまでここにいられるんですか?」
    まだ転勤してきたばかりなので、あと3年~4年はいられると思います。
  • 「お子さんのご予定は?」
    結婚したばかりでいまのところ考えてません。
  • 家庭と両立して、車の遠距離通勤は大丈夫ですか?
    はい、何度も往復しましたし、東京でも片道2時間半の通勤を4年続けたこともありますから、大丈夫です。

と、はっきり答えてました。どれもいやな質問ですが、先方も雇う以上は責任持って雇うわけで心配するのはごもっとも。誠実に今どう思っているかを伝えました。どちらの求人も期限付きだったり時間給の仕事だったりこともあり、また片方は以前勤めていた会社と同系列の会社だったこともあり、転勤妻ではあるものの2社どちらからも前向きなお返事をいただくことができました。いろいろ考えた末、通勤時間片道2時間の人材広告の営業のお仕事につきました。これで万々歳、といけばいいのですが・・・

<今回のポイント>

転勤族妻になると「聞かれたくない質問」が出てきます。典型が「あとどれくらいいられるの?」です。将来のことなんて自分ではどうにも出来ないし、予測すらできない。「そんなこと聞かれたって」と腹が立ったり、「やっぱり転勤妻ではダメだよね」とへこんでしまったりしますよね。でもでも、その気持ちを少し転換すると就職が近づいてくるかも。いやな質問には他にもいろいろあると思いますが、私は基本的に以下の3つのポイントが重要だと思っています。

  • いやな質問をされても、いい意味に解釈して、笑顔を崩さない
    (例えば、あと何年?と聞かれたら、長い期間雇うことを考えてもらっているだ!と思う)
  • はっきりといまの気持ちや予測を伝える
    (はっきりと言わないと誠実でない感じを受けます)
  • 肯定的な表現を使う
    (「3年しかいられません」ではなく、「3年はいられます」)

私は、人にはそれぞれ事情があり、その事情の一つが「転勤妻」なのだと思ってます。同じように求人側にも事情がいろいろあると思います。長い期間勤めて欲しいという会社が多いのは事実ですが、短い期間でも貢献できる仕事もあります。もちろん面接でのうそはだめ(あとで困るのは自分ですから)ですが、できるだけ肯定的に誠実に答えることは大事です。

ちなみに、転勤妻の強みもあると私は思っています。多くの転勤妻の皆さんのお話を伺っていますが、転勤妻はいろんなところで会社勤めをしているわけで、柔軟性が高く馴染みやすいという傾向があります。少なくとも1社でずっと勤めていた人よりはいろんな会社のやり方を知っています。そんなことは自己PRで盛り込んでいただけるのではないでしょうか。

|

« 花粉症対策でべにふうきなどなど | トップページ | 勉強するために上京 »

コメント

eries.mさん、はじめまして。
おほめいただきありがとうございます。
もちろん転勤妻じゃなくても子どもがいなくても大歓迎です。よりわかりやすく、少しでも皆さんに参考にしていただけるような記事を書いていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

eries.mさんは産業カウンセラー養成講座に通い始められたんですね。私の通った感じですと、回数も多く大変でしたが、その分実りは多いと思っています。
ぜひ頑張ってくださいませ。応援しています!

投稿: aquan | 2008年4月12日 (土) 12時14分

とても、丁寧なブログですね。
文章も読みやすくて、人柄があらわれている感じです。

私は、aquanさんより随分年上なのですが、今年から産業カウンセラー養成講座を受け始めました。
りょんたさんと同じように、どこか参考になるブログがあれば...と辿り着きました。
いろんなカテゴリーがとても興味深いです。
ただ、夫は転勤族ではなく、結婚が遅くて子供がいない点がちょっと違うのですが...

でも、ブックマークしました!
また見に来ますね。

投稿: eries.m | 2008年4月11日 (金) 22時03分

りょんたさん、はじめまして。
ご覧頂きありがとうございます。
2歳8ヶ月とは、うちの娘とほとんど一緒です、きっと。

「心強く思いました」とは一番のほめ言葉をありがとうございます。このブログで目指していたことの一つですので大変うれしいです。

転勤妻キャリアカウンセラーの会でも作ろうかしらと思い始めてます(実現するかは不明coldsweats01)ので、もしよろしかったらこれからもご覧頂き、またメールやコメントでもいただけたらうれしいです。

投稿: aquan | 2008年4月 7日 (月) 00時15分

ブログ拝見しました。
私はaquanさんと同じ「転勤妻」で、2才8ヶ月の息子がいます。そして結婚前に採用担当業務をしていたこともあり、結婚後「CDA」資格を取得しましたが、そのご一時休職中です。

これからもう一度勉強を開始しようと考えていて、このブログにたどり着き、とても心強く思いました。

これからも参考にさせてください。

投稿: りょんた | 2008年4月 5日 (土) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/40533877

この記事へのトラックバック一覧です: 働く転勤妻 part.5-子なし地方転勤妻の就職活動その2:

« 花粉症対策でべにふうきなどなど | トップページ | 勉強するために上京 »