« 転勤の季節 | トップページ | 関わる=励まされる連鎖 »

2008年2月 6日 (水)

以前の職場-出戻りのススメ

NED-WLTさんのブログのこの記事、人事採用側への「出戻りのススメ」が書かれています。

実は、私はキャリアカウンセラーとして出戻りを勧めることが多くあります。そして、クライアントの中には実際出戻っていって活躍されている方もいます。

どうして勧めるか、大きな理由は以下のとおりです。(NED-WLTさんの書かれたことを転職者側から読み返したようなものですが)

  1. お互いのことをよくわかっている
    転職先の労働環境や人間関係、社風などの実態を知るのは入社前にはなかなか難しいことです。以前の職場であれば、大体のことがわかりミスマッチはとても小さくなります。同様に、会社側にはあなたがどれくらいできるか、できないかということを知られています。転職活動で無駄にアピールに時間を割く必要もなく、また過剰な期待もされません。よっぽどアピール上手でなければ、転職活動で一番あなたのことを評価してくれるのは以前の会社でしょう。
  2. 辞めたときよりも、やる気を持って望める
    出戻るくらいだったらやめなければよかったかというと、そんなことはありません。転職してみて他のこと(もしくは他社)にチャレンジしていなければ、いつまでも悶々とした気持ちのまま仕事をしていたことになったでしょう。また、その会社や仕事を客観的に眺めたことで、意義やよさを知る機会になったはずです。実際戻って働いた方は、すっきりした気持ちで働いているようです。
  3. 出戻りを認めてくれるのは働きやすい会社
    出戻りを認める文化があるということは、変なメンツなどに縛られず、できる人材を大切にしようという気持ちのある人事戦略のある会社です。ある部分での将来性があるといってもいいかと思います。

NED-WLTさんのブログを読むと、「課長」のいるような大企業の、それも「核」となる人材についての話で、自分では「無理無理」と思う方も多いかもしれません。しかし、地方の中小企業でも、または大企業でも「核」ではない実働部隊であってもこのことは通用します。例えばいわゆる一般職女性の再雇用制度も最近は増えてきました。また、地方の中小企業で「課長」のいないような企業であっても、出戻りでわだかまりなく働けている人もいるのです。

もし辞めた会社に少しでも未練のある方は、ちょっとチャレンジしてみるとよいと思います。もちろん、実際に採用になるかどうかは、あなたがどう評価されてきたかだけでなく、そのときにちょうどよいポジションがあるかどうかとか、企業風土や経営陣の考え方、それから「辞め方」、また辞めたあとのコンタクトの仕方にもよりますから、採用にならなくてもショックを受けないことです。

私も、東京に戻るなら、まずはいの一番に以前の職場に連絡をしますよ。採用してくれるかどうかはわかりませんが。

この記事を書いていたら、こちらでの以前の職場の上司から「前にaquanさんがいたポジションを募集するんだけど、最近どう?」と電話をもらいました。とてもとてもうれしかったです。感謝感謝!

|

« 転勤の季節 | トップページ | 関わる=励まされる連鎖 »

1. キャリアカウンセラー」カテゴリの記事

就職活動」カテゴリの記事

コメント

NED-WLTさん、ようこそお越しくださいました。
NED-WLTさんの元記事がとても興味深く、納得感があったのでこの記事を書きました。戦略的に出戻りフォローをされている会社の記事も大変面白かったです。また来られてくださいね。

投稿: aquan | 2008年2月 7日 (木) 12時46分

なるほど、僕のエントリでは会社側からの視点で「出戻り」を考えていますが、こうした転職者からの視点も大切ですね。さすがです。また遊びに来ます。今後とも、よろしくお願いします。

投稿: NED-WLT | 2008年2月 6日 (水) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/40014026

この記事へのトラックバック一覧です: 以前の職場-出戻りのススメ:

« 転勤の季節 | トップページ | 関わる=励まされる連鎖 »