« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

日本の「ウィンプ」を支える本当の気持ち

引き続き小飼弾さんの周辺で、失われた10年でダメージを受けた方々に関する話が盛んです。

小市民の敵は、小市民

待ちぼうけがいやなら、待っていてはいけない。「小市民としての幸福を全うできるような」世の中なんて。「マッチョじゃなくてもそこそこ幸せに生きていける社会」なんて。

それはマッチョになってから考えればいい。ウィンプ(wimp; machoの反対)なままで幸せになろうなんて虫がよすぎる。そう言ったのは、マッチョでなくてウィンプたちなのだ。そこそこの幸せのために譲らず、お互いの足を引っ張り合っているのはウィンプたちである以上、そう結論せざるを得ない。

そのとおりだと思います。

ウィンプだと思っている人、すなわち「そんなに強くならなきゃいけないんですか?」という人達には、強くなったほうがいろいろできるよと思いながら支援をしています。なぜなら、いくら格差社会と言っても今は日本という防波堤で私たちは守られていて、もしかしたら近いうちにこの防波堤は決壊してしまうかもしれないから。(ex.移民がないと国がなりたたないときが来る)正しくはもうすでに多少決壊していると思う。(ex.海外への工場の移転による失職)

世界の規模で見れば、もっと貧しく、もっとハングリーで、もっと必死な人たちがいっぱいいるのです。だからこそ、稼ぐこと≒社会のニーズを満たすことを追求して、強くなっていかなければいけません。

続きを読む "日本の「ウィンプ」を支える本当の気持ち"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

前の記事で共働き育児の不安を述べたところで・・・

前記事で共働き育児の不安を述べましたが、2歳半の娘は今のところいたって元気に素直に、わがままに、大胆に育っています。coldsweats01

続きを読む "前の記事で共働き育児の不安を述べたところで・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

坂東眞理子さん@金スマ

たまたま先週の金曜日に金スマで、あの「女性の品格」の著者坂東眞理子さんの特集を見ました。実に興味深かったです。

というのも、いや~、家が意外と散らかってるんですよ。たんすの引き出しが洋服で閉まらなかったり。Amazonの書評とか見ると目くじら立てている方もいるようですが(私が「女性の品格」を読んでいないからかもしれませんが)、我が家ではちょっとほっとしたひとコマでした。うちはもっと散らかってます。キッパリ。旦那ちゃまとほほえましく見ました。(詳細を書いていただいている方がいらしたので、こちらをご覧下さい。)

ただ気になったのは、だいぶキャリアでばりばりやられていて、子育てについては坂東さんのお母様のサポートをだいぶ受けていたようであること。また、坂東さん自身がもっと娘さんたちと一緒にいればよかったと思っていらっしゃるようであること。番組には2人の娘さんも出演され、「このままでやりたいことをやりたいようにやっていってほしい」という主旨のコメントもされていたのですが、娘さんたちが小さい頃どう思っていたのか、また、大人になってからどのように人生に影響を与えられたと感じているのか、といったことをお聞きしたいと切に思いました。

というのも、この記事にも書いたように私自身は働くことで娘に対しても意義があると信じて働いているわけですが、娘から見たらどうなのかはわからない。

もちろん、ママが働くか働かないか、また、どれくらい家族との時間を持ちつつ働くのかということに正解はないと思ってはいます。でもでも、何かを知りたいのです。サンプルを増やして自分を安心させたいのだと思います。

育児って・・・いつも手探りでわからないものですね。

関連記事:坂東眞理子さん 続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔の上司

昨日、以前の職場の上司が、別の用のついでに今の職場に寄ってくださいました。

「転勤はどうなの?」「お子さんは元気?」などなど気遣っていただいた後、「aquanさんの評判はすごくいいみたいだね、○○さん(関係部署の偉い人)がほめてたよ」と言ってくださいました。

今の職場はまったくといっていいほどマネジメントがないところなので、集客の増加やクライアントさんからいただくアンケートに加えて、自分の使命感でモチベーションを保っているのですが、こんな形でこの方にほめてもらえるなんて思っても見ず、ありがたいことしきりでした。

なんて素敵な上司の下で働いていたんでしょう!いつも、本当に恵まれているなと思います。感謝感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

3分間コーチング-近日発売だそうです

先日「婚活」時代&ディスカヴァー21のことでコーチ21やその代表の伊藤守さんのことを書かせていただいたのですが、その伊藤代表の新しいコーチングの本が出るそうです。

その名も3分間コーチング。

またもや画像がないですがまだ発売3週間前ですから。

で、干場社長のブログに

どこが新しいかというと……著者がブログで少しずつその中身を書いていらっしゃいますので、こちらをどうぞ

と書かれていたので、読んでみたところ、 興味深い記事が・・・。まさに、はじめての課長の教科書にNED-WLTさんが書かれていた、

上司の「沈黙」は、部下への期待値の低さを伝えてしまう

に合い通ずるものが。是非読んでみたい、そして、組織で働くみなさんに読んでいただきたいですね。

実は今日、「傷」についてエントリをあげたのですが、それを書いていて、マネジメント力がある上司の下に勤めると傷への耐性をあげることができることに気がついたんです。逆に言えば、ありとあらゆる職場のマネジメント力が上がれば労働者のメンタルヘルスが向上し、日本がハッピーになることに気がついたんです。(すいません、当たり前の話ですね)私は、そのことを忘れて

キャリアカウンセラーができることは、適度な傷を受けられる体制作り(つまり就職支援)と、傷ついたときのサポートをできる体制(EAPのような在職者へのストレス緩和策)を整えることでしょうか。実態はなかなか難しいですね。

と書いてますが、是非EAPなんか必要ないようなマネジメントをしていただきたい。

その鍵は「はじめての課長の教科書」にあるように「コーチング」にあると思います。特に、今回の3分間コーチングのような身近な形の。

「はじめての課長の教科書」と「3分間コーチング」。皆さんにセットで読んでいただきたい。って、まだ私も後者は読んでないですが。でも期待できそうです。

いや、私はディスカバー21の回し者ではありませんよ。(笑)

追記:以前記事にした「はじめての課長の教科書」のプレゼントキャンペーンが継続されているようです。(2008/2/29現在)こんなプレゼントですよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「傷」にネガティブな気持ちを持った人達

記憶とは、傷である。と小飼弾さんが書かれています。すごく面白いたとえだと思ったので、私も「傷」について少し考えてみました。

しかし、記憶とは傷なのだ。嬉しい記憶も怒りの記憶も哀しい記憶も楽しい記憶も、すべて傷のなかにある。結局のところ、傷つきたくなかったら何も見ず、何も聞かず、何も嗅がず、何も味わわず、何も触らないしかない。

その意味で、「傷」という言葉にネガティブな気持ちしか抱けぬ人々を私はかわいそうだと思う。しかし愛しいとは思わない。私が愛しいと思うのは、ありのままに傷つき、その傷を読ませてくれる人々なのだから。

続きを読む "「傷」にネガティブな気持ちを持った人達"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月26日 (火)

気持ちも説明する-志望動機の伝え方

以前からよく読んでいるEQJapanの高山社長のブログに気持ちも説明するというエントリがあがっていました。

「仕事の説明、方針、戦略の説明だけでなく、あなたの気持ちも説明してください!人は情と理で動くのです!」

大事なことですよね。コーチングやマネジメントでもとても重要です。

が、私は特に、これを就職活動の中で実践していただくようにオススメしています。

続きを読む "気持ちも説明する-志望動機の伝え方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

働く転勤妻 part.3-子なし職なし転勤妻時代

転勤妻になり、九州のとある地域の中核都市に。(「とある地域の」を追記しました)首都圏以外に住むのも初めてでした。

すぐに働こうかと思ったのですが、慣れない土地で慣れない生活。ここは方言もきついところで言葉の壁もありました。雇用保険がもらえることもあり、まずは急がずゆっくり仕事を探すことに。こうして学生を卒業してから初めての無職の生活がやってきました。

今までずっといろいろな人と話をすることを仕事にしていただけに、誰とも話さない生活は苦痛でした。1日に1回スーパーで挨拶するだけ・・・。旦那ちゃまは会社に12時間はいるので、待ち続けて疲れてしまって。家事も得意ではないし、ほんとーにぼーっとして家事も進まずに一日が終わるという感じでした。このブログにも「転勤 妻 うつ」といったキーワードでこられる方が多いのですが、まさにそういう状況でした。

続きを読む "働く転勤妻 part.3-子なし職なし転勤妻時代"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

働く転勤妻 part.2-東京時代のaquanの子ども観

そんなこんなで、転勤妻になったのですが、ここで転勤妻になる前(つまり東京にいたとき)の子どもへの思いを書いておこうと思います。

東京で最後に勤めていた人材紹介会社はとても女性の活躍している会社でした。

最初の上司は2人の子持ちの女性。それまで生保・IT業界と男性ばかりが周りにいた私の社会人生活ではとても新鮮なものでした。他にも何人か子持ちの管理職の女性がいました。けれども、私にとって子どもはとても遠い存在。都会でのバリバリキャリア生活の中では、子どもと触れ合うどころか、見かけることもありません。高校生時代から「私は自分のやりたいことをしたいから、子どもがかわいそう。だから子どもはいらない」と公言してはばからなかった私。働くママたちの大変さを目の前で見ていて、自分には育児と仕事の両立なんて絶対にできないと思っていました。

続きを読む "働く転勤妻 part.2-東京時代のaquanの子ども観"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

ダイソー実用ハンドブック18 子育て両立情報

2週間ほど前、ダイソーでちょっと見かけた100円のハンドブック「子育て両立情報」。100円だからと軽い気持ちで買ってみました。

そしたら、意外といい!下手な女性誌の子育て両立特集なんかよりまとまってて概観するにはとてもよいです。

妊娠中の仕事のこなし方からワーキングマザーの生活の秘訣、保育園のことまでさらっと主要なことが書いてあります。100円でも馬鹿にできないですね。

続きを読む "ダイソー実用ハンドブック18 子育て両立情報"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「婚活」時代&ディスカヴァー21のこと

ここのところお気に入りの「はじめての課長の教科書」や勝間さんの勉強本などなど、「買いたくなる本」を上手に売られるディスカヴァー21の干場社長が始められたブログに、出版予定の本の話が出ていました。その名も"「婚活」時代"。転勤妻になるまでを書いていた私には、なんてタイムリーな。

上のエントリの中では、「いろいろ人と会うようにしました」と簡単にいいましたが、

結婚情報サービスの活用法から、合コン、ネット婚、国際結婚などなど、
賢い「婚活」サービス活用法もわかります!
みんながやっていることも!

と干場社長が書かれているのと同じように、実は6年前いろいろやりました。この間とある方からいただいたメールでも、「結婚は結婚相手探しは・・・努力です。(きっぱり)」と書かせていただきました。

そうです。結婚は「活動」が必要になったんです!

続きを読む "「婚活」時代&ディスカヴァー21のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月21日 (木)

日産の軽のCM

最近の日産の軽(音が出ます)のCMが好きです。

あなたは、あなたが選んだものでできている

ほんと、そうですよね。

日々、選んでいる私。大事にしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働く転勤妻 part.1-転勤妻になるまで

自分がまさか、転勤妻になるとは思ってもみませんでした。

もともとキャリア志向のaquan。元々システムエンジニアだった私は、社会人になって6年目に人材業界に転職しました。いくつもの会社に不採用通知をいただいた末、結局ありがたい巡り会わせですごく行きたいと思っていた会社に勤めていました。キャリアアドバイザーとして人の転職のお手伝いをして、成績もよく、「これが天職!」と思っていました。その会社は1日14時間労働するのが当たり前というような全員裁量労働制の会社で楽しくばりばり働いていました。当然、この会社でずっと頑張っていこうと思っていました。

続きを読む "働く転勤妻 part.1-転勤妻になるまで"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

働く転勤妻 part.0-シリーズの始めに

働いていない子持ちの方やまだ結婚していないワーキングウーマンの方から、「このブログを読んで勝間さんの本を読んでみました」といううれしいお知らせをいくつか頂きました。

その感想で、「子供を持ちつつ働くなんて私にもできるだろうか。」というものが多かったので、子供を持ちつつ女性が働くということについて、私の体験を中心にちょっと書いてみたいと思いました。

続きを読む "働く転勤妻 part.0-シリーズの始めに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

「はじめての課長の教科書」のプレゼント

当ブログの「はじめての課長の教科書」の書評に著者のNED-WLTさんがコメント下さっているように、2/24までにamazonで買った方を対象にディスカバー21のサイトでプレゼント(さらに深く学びたい人のための本のリスト)があります。

早速参考にして本を読み始めているのですが、それがいいんです。私のこの本での「もう少し歯ごたえがほしい」の気持ちにとても応えてくださっているのです。

続きを読む "「はじめての課長の教科書」のプレゼント"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

「ねたみ」を「憧れ」に、そして「学び」に

最近、こんな話を聞きました。
「講師が自分以外の人と親しげにしていると、自分がないがしろにされた気持ちになり、その講座に出たくなくなる」と。

こんなこと、ありますか?私も以前はあった気がします。

もちろん、講師はこのような気持ちに陥らせないように配慮をすべきと思います。しかしながら、講師も人間。以前の記事にも書いたように、その講演へのモチベーションはその場で起こる感情によって変わります。

ねたみの気持ちを持ってその場をやり過ごしたり講座に出なくなったりしてしまえば、そこでその後の学びの機会は失われてしまいます。ご本人もそのことには気づいていて、「他の人のことは気にしないことですよね」とおっしゃっていました。

続きを読む "「ねたみ」を「憧れ」に、そして「学び」に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

「入門の」はじめての課長の教科書-酒井穣

NED-WLTさんの初の著作、早速読ませていただきました。

ざっと読んだ感想は・・・ブログよりも読みやすく書いてるなぁでした。

実際に課長になる人には、もう少し骨のある本でもよいのではないかと思いました。NED-WLTさんの普段の文章はもっと突っ込んで書いている感じがあり、そこが好きなところのひとつでしたので、もう少しそれぞれの項目を深堀してもらえるともっとうれしいかったです。

とはいえ、この手の「中間管理職」の本がなかったということでしたので、組織の中で働く人にとっては「課長の入門書」という意味でやはりすばらしいのだと思います。ボリューム的にもこれくらいだと負担がないのでしょうか。

うちでも「組織」で働く旦那ちゃまが、ためになるとうなづきながら満足度高く読み終えました。

続きを読む "「入門の」はじめての課長の教科書-酒井穣"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

動物園と水族館

3連休。疲れをとるために過ごす予定でしたが、ちょっと出かけようということになり、自宅から2時間以上かけてかごしま水族館に行ってみました。(ここがうちから一番近い水族館です)

ラッコ。

_igp3028_2

イルカ。

_igp3171_2

実はaquanの一番の趣味は野生のイルカと泳ぐこと。東京にいるときは年に3回は御蔵島に行ってイルカと泳いでました。でもここに引っ越してからはなかなか遠くて行くことができません。野生のイルカに比べ、水族館のイルカは狭いところに入れられて、私のポリシーには反しているため、これまで水族館に行ってもイルカの展示は見たことがなかったのですが、娘にイルカを知ってもらうために心が痛みつつ見学しました。

続きを読む "動物園と水族館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

書きかけの記事がいっぱい

いろいろ書きたい記事があって書いているのですが、おとといから娘が発熱して病時保育通いなのもあって、どれもまとまらず公開できません。。。

続きを読む "書きかけの記事がいっぱい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

バレンタインにいかが?

この記事、いままでライフハックテンプレートは印刷しても使ったことがなかったのですが、こうして実例をみると面白いですね。

私が気になったのは、長所レター。いいですよね。バレンタインに旦那ちゃまにあげたいと思います。

もちろんこのままの見た目ではビジネスライクで味気ないので、それっぽいのに清書しますが、長所レターと銘打って書けば、いつもは表現できないような感謝の気持ちが伝えられるかも。

チョコもいいけど、こころが伝わるプレゼント、いかがですか?これならまだ、間に合います(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

体にまつわるもろもろ

ダイエット宣言して最初の1週間はいい調子でした。十六穀米を中心とした粗食や1日20分のウォーキングで1.5キロほど落として体調も心も快適で喜んでいたのです。が、その後ちょっとしたのどの痛みを放っておいたら風邪になってしまったらしく、いったんダイエットはお休みして耳鼻科でもらった薬を飲んでいたら・・・

胃が痛い。

そもそもaquanは胃が弱く、胃カメラではいつも「萎縮性胃炎」と言われ、ついに去年の2月には十二指腸潰瘍の跡が見つけられてピロリ菌の除去をされたのでした。ただ、ピロリ菌の除去をしてからは調子がよく、「なんだこのせいだったか!」と思っていたのでした。

ところが、今回はなんだか、調子が悪い。胃炎とも違う感じ。空腹時だけでなく、ずっと痛いんです。

続きを読む "体にまつわるもろもろ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

図解 フィンランド・メソッド入門-北川達夫

娘の教育のためにフィンランドメソッドを知りたいと思い(まだ2才だから早いが)、読みました。薄くてぱらっと読めちゃう感じです。

ですが、シンプルによくまとまっているように思います。この本では「発想力」「論理力」「表現力」「批判的思考力」「コミュニケーション力」という5つの能力を養うフィンランドの国語教育のポイントが紹介されています。

このようなディスカッション能力は、まっとうに議論の起こる社会生活の中では非常に重要にも関わらず、日本の国語教育の中ではほとんど教えられてきていないように思います。最近NED-WLTさんからコメントいただいて発信することの重要性を改めて感じていましたが、特に高校までの教育は講義形式がほとんどで、かえって発信することに罪悪感すら感じるような構成になっているように思います。

続きを読む "図解 フィンランド・メソッド入門-北川達夫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

関わる=励まされる連鎖

web拍手をいただいたり、コメントをいただいたり、今までも時々あったのですが、なぜか最近励まされる度合いが俄然高く急にブログの更新頻度があがっています。つまり、同じように励まされても、モチベーション(やる気)の上がり具合が場合によって違うということです。今までと何が違ったんでしょう。

このことをちょっと考えてみました。

続きを読む "関わる=励まされる連鎖"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

以前の職場-出戻りのススメ

NED-WLTさんのブログのこの記事、人事採用側への「出戻りのススメ」が書かれています。

実は、私はキャリアカウンセラーとして出戻りを勧めることが多くあります。そして、クライアントの中には実際出戻っていって活躍されている方もいます。

どうして勧めるか、大きな理由は以下のとおりです。(NED-WLTさんの書かれたことを転職者側から読み返したようなものですが)

続きを読む "以前の職場-出戻りのススメ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

転勤の季節

4月異動の方々は、そろそろ転勤が気になる季節のようですね。

私の旦那ちゃまのところは7月異動なので私もあと半年かと、首を洗って待っているところです。(笑)

軽々と転勤したいですよね。でも、そんな風にはなかなかいかないのも事実。

続きを読む "転勤の季節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親指シフトの速度を計ってみました

親指シフトの上達度合い、かえでさんからコメントで教えていただいたソフトWeather Typingで測定してみました。

結果は・・・・

続きを読む "親指シフトの速度を計ってみました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

資格幻想

(新卒ではない)就職活動のサポートをしていて痛切に感じるのが、

「資格幻想」

です。

この「資格幻想」という言葉、アイデムの相良さんが以前講演でお話されていました。

続きを読む "資格幻想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連絡先

メールアドレスを公開しました。

というのも、勝間さんのグーグル本(世の中では勝間本というらしい)の中に勝間さんが書かれていた、「メールアドレスを公開してもそんなに変なメールは来ない」という一文を信じてのことです。

続きを読む "連絡先"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

感謝! web拍手

最近もぽつぽついただいています、web拍手。

ありがとうございます。励みになります。

時々web拍手にもコメントをいただくのですが、お返事できないでいました。。。

けど、web拍手のコメント欄に書いていただいたことには、書かれた方のプライバシーに配慮しつつ、折に触れここでコメントさせていただこうかと思っています。

よろしかったらご活用ください。(もちろん直接ブログのコメントに残していただくのはもっとありがたいですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「人生に意味のないことはひとつもない」

7年前、私がこれまでの人生で一番つらかった時期、ずっとある心理カウンセラーの方に支えていただきました。

1年位?ずっと話をしていく中で、何度も

「人生に意味のないことはひとつもないんですよ。起こることはみんな意味があるんです。」と

やさしく諭されました。今振り返って、そのときの私は本当の意味がわかっていなかったことを思い出します。

続きを読む "「人生に意味のないことはひとつもない」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とてもうれしいことがありました

ちょっと前に巣立っていった(?)クライアントSさんからお手紙が来ました。

すごく楽しんでいて元気そうでなによりでした。手紙を見てうれしさで涙が出ました。

続きを読む "とてもうれしいことがありました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »