« 地方転勤のデメリット 3.勉強するのに不便 | トップページ | 産業カウンセラー会員研修 認知行動療法 »

2007年9月14日 (金)

「自分の分は自分で稼いでね」

こころに残った言葉、第2弾。
いや、旦那ちゃまはこんなこと言わない人ですよ。
さて、誰に言われたんでしょうか。

旦那ちゃまに出会う前に長いこと付き合ってた彼がいました。その彼に言われた言葉です。

その彼「働くのが好きじゃない」と公言する人で、私はばりばりキャリア志向。そんな2人だったので、結婚したら彼に家庭に入ってもらうつもりでいるくらいでした。
仕事が大好きな私でしたが、ある時期、朝8時過ぎには出社して帰りは深夜1時過ぎというハードな日々にめげそうになってました。そんな会社帰りの電話。

私 「やめたいよぉ」
彼 「好きで転職したんじゃなかったの?」
私 「仕事は好きなんだけどつらいんだもん。ねぇ、やしなってよ」
彼 「自分の分は自分で稼いでね。こっちも自分の分は自分で稼ぐから。」

何度もこんなことがありました。

ここで言葉として語られているのは経済的なことです。ですが、それに留まらず「自立」ということを問われていたように思います。自分のことは自分で。

最終的にそれぞれの描く未来図が違ったため、彼とは通算10年ほどつきあったものの結婚しませんでしたが、私に人間として人生を教えてくれたのは彼だったと思っています。そして、今でも尊敬しています。

こころに残ったというより、私の人生を形づくった言葉というのが正しいのかもしれませんね。

ただし、実際子どもを生み家族を作っていくうえで、母となる女性が絶え間なく収入を保ち続けるのは現実的に不可能。経済的にどうしても一時期養ってもらうような感じになるでしょう。また、子どもはある時期まで自立してませんから、それを担う大人も役割分担が必要でしょう。それを否定するものではありませんので、あしからず。

|

« 地方転勤のデメリット 3.勉強するのに不便 | トップページ | 産業カウンセラー会員研修 認知行動療法 »

2. 共働き」カテゴリの記事

6. 女性のキャリア」カテゴリの記事

8. こころに残った言葉たち」カテゴリの記事

キャリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/16443340

この記事へのトラックバック一覧です: 「自分の分は自分で稼いでね」:

« 地方転勤のデメリット 3.勉強するのに不便 | トップページ | 産業カウンセラー会員研修 認知行動療法 »