« 地方転勤のデメリット 1.閉鎖性が高くてなじみにくい | トップページ | 「大事なのは、向いてるかどうかじゃない」 »

2007年8月29日 (水)

地方転勤のデメリット 2.ペースが遅い

「不便」な土地に転勤して・・・のとおり、県庁所在地でもない人口10万人くらいの九州の中核都市でのお話です。

東京から来ると時間の感覚のずれに驚かされます。10分くらいの遅刻は当たり前。というか、ここでは時間前に来るという習慣があまりないらしく、あまり早く行くと迷惑になっちゃうことも・・・いや、迷惑とは言われませんが雰囲気が。

車移動がメインで時間が読めないせいもあるかもですね・・・集まりにしても、お店のサービスにしても、時間通りには始まらないんです。

以前はそれでいらいらしてましたが、慣れました。(笑)単に慣れると書きましたが、対応したってことになると思います。

対応1.こちらもあまり早く行かない
前述のとおりです。ただし、それでも時間を守る集まりもなくはないので、見極めが肝心。

対応2.本をいつも持つ
待たされるといらいらするのは時間がもったいないと思うから。時間を有効利用できるように準備します。もちろん、本でなくともいいですが・・

対応3.その場を楽しむ
誰か知り合いがいれば会話を楽しむわけですが・・・慣れてない人ばっかり、とか、話しても方言がきつくてわからない、とかあります。まぁ・・・他の人の話を耳そばだてて方言を味わうなんてこともできますよ・・・

逆に考えれば、それだけおおらかってことでもあるので、まあ、ね。

あまりに対応しすぎて、自分のほうが遅刻魔になりつつあるaquanでした。

|

« 地方転勤のデメリット 1.閉鎖性が高くてなじみにくい | トップページ | 「大事なのは、向いてるかどうかじゃない」 »

3. 転勤族の妻」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/16275105

この記事へのトラックバック一覧です: 地方転勤のデメリット 2.ペースが遅い:

« 地方転勤のデメリット 1.閉鎖性が高くてなじみにくい | トップページ | 「大事なのは、向いてるかどうかじゃない」 »