« 共働きを支える「丈夫な娘」 | トップページ | 地方転勤のデメリット 1.閉鎖性が高くてなじみにくい »

2007年8月24日 (金)

親指シフト31日目

導入して1ヶ月。どうやらだいぶ板についてきました親指シフトですが、ローマ字入力とどちらが入力しやすいかわからない状態にまでなってきました。

というのも・・・

ついにローマ字入力のときにちょっと考えないといけなくなったようです!今までローマ字入力だったら画面すら見なくても不安はなかったのですが、「ええと・・・」という感じで画面を見たりキーボードを見たり、「、」を打とうとして「@」を打ったりして・・・あはは。特に記号の類のミスタイプが甚だしいです。と、ローマ字入力で書いていたらまあ少しは感覚が戻ってきました。

こうやって打ってみると、まだローマ字入力のほうが早いには早いかも・・・・ただ、ローマ字入力って、いっぱいカチャカチャ音がするから、進んでる気がするんですよね。今度ちゃんと計ってみなくっちゃ。

しかし、なかなかバイリンガルは難しいですね。ローマ字入力もできないと困るしなぁ・・・大学で英語の授業ばっかりだったときに、週末日本語を話すと「戻っていく」のを感じたことを思い出しました。ああ、あの時週末も英語だけで過ごしていれば今頃・・・余談でした(^^;;

|

« 共働きを支える「丈夫な娘」 | トップページ | 地方転勤のデメリット 1.閉鎖性が高くてなじみにくい »

4. Tips」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/16177006

この記事へのトラックバック一覧です: 親指シフト31日目:

« 共働きを支える「丈夫な娘」 | トップページ | 地方転勤のデメリット 1.閉鎖性が高くてなじみにくい »