« 地方転勤のメリット 1.車さえあればどこでもすいすい | トップページ | 地方転勤のメリット 2.おしゃれ不要でコスト低っ »

2007年8月16日 (木)

親指シフト22日目

kazgeoさんから懐かしんでいただいてますaquanの親指シフト導入ですが、トラックバックをいただいて奮起して、昨日練習ソフトに1時間ほど挑戦してまた上達しました!

そしてある程度スムーズに打てるようになって、新たな弱点を発見。

練習ソフトでやってみると、どうやら人差し指の「こ」と「さ」、「ふ」と「へ」、「め」と「そ」、「に」と「よ」などで打ち間違いをするようです。なかなか厳しい配列の言葉が並んでいるからかもしれません。それから、続けて「親指シフトキー」を押さなければいけないようなときも、つい長押しにしかならず上手く入ってないときがあります。

でも、それなりに早くなってきましたよ。だって、少し手首に疲れを感じるようになってきましたから、それなりの打数叩けてるってことじゃないでしょうか。ソフトにも「早いですね」とか言われることも増えていい気になってます。さすがにローマ字には及ばないと思いますが。

ところで、「ん」の右隣のキー(「け」と印刷されているキー)を押してしまったときに、どうやらDELキーの働きをしてしまうようで、これを防ぐ方法はないもんでしょうか?
どなたか教えていただけるとうれしいです。

拍手で応援お願いします。

|

« 地方転勤のメリット 1.車さえあればどこでもすいすい | トップページ | 地方転勤のメリット 2.おしゃれ不要でコスト低っ »

4. Tips」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

杉田さん、たびたび恐れ入ります。表参道・・渋谷は行く予定ですので、なんとか行ってみたいと思います。ありがとうございました。m(__)m

投稿: aquan | 2007年8月27日 (月) 23時50分

一番確実なのは表参道にある「アクセス」です。
http://www.saccess.co.jp/store.html

秋葉原ではどこにあるか残念ながら知りません(というか見たことがない)。キーボードで有名な店としては「クレバリー2号店」
http://www.clevery.co.jp/shop/shop-2.html
が知られていますが、あるかどうかは聞いてみてからの方が良いと思います。

投稿: 杉田伸樹(ぎっちょん) | 2007年8月23日 (木) 22時26分

杉田さん、ありがとうございます。ノートパソコンメインの私には専用キーボードは難しそうですが、近く東京へかえるので秋葉原ででも見てみようと思います。・・・けど、どこでもあるもんでしょうか?

投稿: aquan | 2007年8月23日 (木) 00時07分

「BSは『ん』の右」を分かっていただきありがとうございます。転向者一人ゲット(笑)。

一つ気がついたのですが、間違う文字の傾向を見ていると、人指し指のようです。キーボードは何をお使いでしょうか。特に左右の親指シフトキーの位置はどの辺りにありますか。

コストもかかるので絶対おすすめという訳ではないですが、一度専用キーボードに触る機会があれば試してみてください。親指シフトキーの位置や形はやはり専用キーボードは良く考えられていて、特に人指し指を伸ばすような文字でも使いやすくなっています。

投稿: 杉田伸樹(ぎっちょん) | 2007年8月21日 (火) 06時55分

かえでさん、勝間さんのところからリンクをたどって参考にさせていただいたりしておりました。いつもありがとうございます。
そうですね、ヘルプを見ればわかる基本的なことでしたね。すみません。今回のことはこのまま使ってみようと思っていますが、それでももっと使い込んでいろいろアレンジしてみたいなと思いました。教えていただいてありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

投稿: aquan | 2007年8月19日 (日) 14時46分

杉田さん、いつも見ていただいてありがとうございます。
今までローマ字入力でやってきて、ホームポジションを外れてBSキーを押すのが普通で、キーボードを見なくてもBSを押せてました。
でも、紹介いただいたサイトを拝見して、なるほどと思ってちょっと意識してみたら、Baskspaceとして使えるようになりそうです。引き続きレポートしていきますので、よろしくお願いします。

投稿: aquan | 2007年8月19日 (日) 14時30分

 親指ひゅんQをご使用でしょうか。
 もしそうでしたら、親指ひゅんQに同梱されているマニュアル【oyaq.html】から、『配列変更プログラム OYAQL.exeについて』というリンクをたどることで、設定方法をご覧頂くことができます。

 OYAQL.exeを使って定義を弄る場合は、それぞれが描かれた部分を一回クリックしてから、さらに同じところをダブルクリックしてください。
 ここでBS(Backspace)やEC(Escape)を無効にする場合は、『□コード出力有り』のチェックを外してください(再びチェックを付ければ、元の状態に戻ります)。
 定義の保存・適用については、マニュアルそのままの手順で大丈夫だと思われます。

投稿: かえで(yfi) | 2007年8月17日 (金) 01時01分

「親指シフトウォッチ」の杉田です。親指シフトがどんどん上達されているようで、私もうれしく思います。最初はスピードよりも正確さを重視した方が良いと思います。

「ん」の右隣がbackspaceとなるのは、ワープロ専用機OASYSの頃からの「伝統的」親指シフトでの作法です。パソコンで親指シフトが使われるようになってから、この機能を入れるかどうかはオプショナルになっています。

お使いになっている環境やソフトがどのようなものなのかちょっと分からないのですが、ソフトの設定で変えることは可能ではないかと思います。

ただし、「ん」の右隣にbackspaceを置くのは意味があります。親指シフトユーザーの中でも、こうなってなければいけないという信念を持っている人も多くいます。私もそう思っています。

ご興味がありましたら以下のサイトをご覧下さい。
http://homepage3.nifty.com/gicchon/sub17.htm
http://thumb-shift.txt-nifty.com/contents/2006/03/re_shining_trap_6e25.html
http://thumb-shift.txt-nifty.com/contents/2007/07/re_12_5a46.html

投稿: 杉田伸樹(ぎっちょん) | 2007年8月16日 (木) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/16131967

この記事へのトラックバック一覧です: 親指シフト22日目:

« 地方転勤のメリット 1.車さえあればどこでもすいすい | トップページ | 地方転勤のメリット 2.おしゃれ不要でコスト低っ »