« 政治について素朴な疑問 | トップページ | 石田淳 「続ける」技術 »

2007年7月11日 (水)

香山リカ 仕事中だけうつ病になる人たち

仕事中だけ「うつ病」になる人たち――30代うつ、甘えと自己愛の心理分析

またまた香山さんの本です。本当は「悩み」の正体よりも先に読んでいました。

前回悩みの正体のときにも書いたのですが、働く精神的な不調を訴える人も多いです。ですが、それは本当のうつ病だとは限らないのではないか・・・という思いがありました。そんなときこの本を見つけました。特に対応のしかた、治療のありかたという章がとても参考になりました。

香山さんは、本当のうつ病ではないが医学的に援助が必要な状態(うつ状態)の人が増えていると主張しています。その人たちについて、まずは休養が必要であるがそれだけではなく、ときに積極的介入、つまり「がんばれ」ということも必要だということ、しかしそのタイミングの見極めをマニュアル化するのが難しいということを述べています。(ただし、本当のうつ病の人にはそのような対応は不適切なときがあります。香山さんももちろんその点は配慮されているのですが・・・。)

まだまだ香山さんの本も紹介していきますよ。

|

« 政治について素朴な疑問 | トップページ | 石田淳 「続ける」技術 »

1. キャリアカウンセラー」カテゴリの記事

7. 読んだ本」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/15722233

この記事へのトラックバック一覧です: 香山リカ 仕事中だけうつ病になる人たち:

« 政治について素朴な疑問 | トップページ | 石田淳 「続ける」技術 »