« 香山リカ 「悩み」の正体 | トップページ | NHK取材班 ワーキングプア-日本を蝕む病 »

2007年7月 8日 (日)

転勤妻・転勤母のワーキングウーマン

私には今のところどうにもならないことがあります。

それは転勤妻であるということです。主人は全国転勤のサラリーマンで、たぶん一生あちこち転々とすることになると思います。転勤妻になったのは2003年のことですが、そのときはその意味がまったくわかっていなかったなあと思います。

ひょっとしたらもうすぐ転勤があるかもしれません。そうなると立ち上がったばかりのカウンセリングの場を残念ながら離れることになります。次にどこにいくのかは主人の赴任の10日前までわかりません。

出身の首都圏を離れて初めて九州に住んで4年、地方でなければわからない勉強をいっぱいしました。大変なこともちょっとはあったけど、仕事でも家庭でもここで得た経験は素敵なことばかりでした。異動しなければわからないこと、知り合えない人、本当についてきてよかったです。

だから、また新しい土地で素敵な新しい出会いが待っている。そう思うんですが・・・今の私はここでせっかく積み上げてきたキャリアを、人脈を、友人を失うのが惜しいと思っているのです。ここでサポートしてきたクライアントさんたちともお別れするのがつらいのです。もう少しだけここにいさせてくれと、切に切に願っているのです。

もうすぐ・・・2週間以内にははっきりします。万が一(よりはずっと可能性が高いんですが)移動だった場合に備えて、いろいろ準備をしなければいけません。

|

« 香山リカ 「悩み」の正体 | トップページ | NHK取材班 ワーキングプア-日本を蝕む病 »

2. 共働き」カテゴリの記事

3. 転勤族の妻」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217495/15698000

この記事へのトラックバック一覧です: 転勤妻・転勤母のワーキングウーマン:

« 香山リカ 「悩み」の正体 | トップページ | NHK取材班 ワーキングプア-日本を蝕む病 »